警報及び避難勧告発表時の対応

松山地方に次のいずれかの警報または特別警報が出された時の対応は、①~⑥のとおりです。

   「暴風・波浪・大雨・洪水」

難波地域に「避難勧告」が出された時の対応は⑦のとおりです。

 ① 各自が通常登校する時刻に警報が解除されていない場合… 自宅待機

 ② 午前7時30分までに警報が解除された場合…学校から指示

  給食を実施し、各学年の最終校時まで授業を行います。登校時刻等は、MACシステムでお知らせします。

③ 午前7時30分~午前10時までに警報が解除された場合…学校から指示

  早めの昼食をとって午後1時までに登校し、第5・6校時の授業をして午後4時に集団下校します。

  詳しくは、MACシステムでお知らせします。

④ 午前10時を過ぎても警報が解除されない場合… 臨時休業

  翌日の学習計画については、MACシステム(学年グループ)でお知らせします。

⑤ 登校途中に警報が発表された場合安全を考慮した判断をします。

  教職員が通学路に向かい、現地指導を行います。その後の措置は、MACシステムで各家庭に連絡いたします。

⑥ 登校後に警報が発表された場合安全を考慮した判断をします。

  MACシステムで、各家庭に連絡いたします。

⑦ 警報発表の有無にかかわらず、難波地域に「避難勧告」が発表されている場合

  保護者の判断により通学路の安全が確保できる場合は、登校します。

  安全が確保できない場合は、出席停止等扱いとします。

《お願い》

 ○ 緊急時は、学校でも情報収集や連絡などの必要がありますので、電話での問い合わせは御遠慮ください。

 ○ テレビ等の気象情報を見て判断してください。

 (中予地方は広い範囲の情報ですので、松山地方の情報を確認してください。)

 ○ 警報発表時は危険ですので、お子さんを外出させないようにしてください。